ラニヤードと釣果カウンター

ラニヤードと釣果カウンター


B3_01.jpg

ラニヤードと釣果カウンターを実際に使っているところです。
簡単に作れて、実用性も高く、
材料の見た目の選択肢の幅が広くて、アクセサリー的な要素もあって
オシャレ的センスの見せ所でもありオススメです。


ラニヤード

お手軽度 ★★★
コストパフォーマンス ★★★
おすすめ度 ★★★

市販品は1500円くらいからあります。
オシャレなのだと革とか角とか凄い石とか使ったりして1万円とかしたりします。

B3_02.jpg

ベスト派には不要なアイテムですが、
非ベスト派には是非ともオススメしたいのがラニヤードです。
ラインカッターやフォーセップなどのよく使う小物を取り付けて使用します。

B3_04.jpg

作ると言っても大したことはなくて、
手芸屋さんで
・適当な紐
・ビーズコーナーで適当なビーズ(画像のマカロニみたいなのもビーズの一種です)
と、釣具屋さんで
・スナップ付きサルカン
を買って来て組み立てるだけです。
画像のものの材料費は700円程度です。

簡単なイメージ図を書いてから買いに行きましょう。
売り場で何をいくつ買えば良いのかわからなくなります。(経験談)

B3_03.jpg

先端(一番下になる部分)にこの画像のようなクリップを付けて服に止められるようにすると、
ブラブラしなくなったり、首部分への負担が少なくなったり、ラニヤード全体の先端が尖らなくなったり、
何かと便利です。
単体でどこで買えば良いかわからなかったので
100円ショップなどで売っている名札ケースから取りました。

B3_07.jpg

首の後部分をネックレス状に開けるように小さいスナップ(?)を付けましたが、
ラニヤードの輪は十分に大きく作るのでここを開くことはまずありません。
 

釣果カウンター

お手軽度 ★★★
コストパフォーマンス ★★★
おすすめ度 ★★★

嵩張らず、パッと見で釣果カウンターに見えないものが欲しくて作りました。

B3_05.jpg

上のラニヤードと同じく手芸屋さんで適当な紐とビーズを買って組み合わせるだけです。
数百円で購入できると思います。

買う際のポイントは、ビーズが簡単に動かない程度にきつい太さの紐を選ぶことです。
店員さんに頼めば実際に紐を通して緩くないか確認させてくれると思います。

肝心の使い方ですが、
画像のように上に寄せてあるビーズが1本の紐に対して9つ付いていますので、
一方の紐を10の位、もう一方を1の位と決めておいて、ビーズを動かして数字を表します。
一番下についている白と金のビーズは見た目を考慮して付けた動かさないもの
(カウンターではない)なので数えないものとします。
また、読み取る時に楽なので5を表すビーズは色を変えてあります。

 
 ● 
 ● 
 ● 
 ● 
 ○ 
 ● 
 ● 
 ● 
 ● 
 ┃ 
 ┃  
B3_09.jpg
このように全部上にある状態を0(ゼロ)、


 ┃  
 ┃ 
 ● 
 ● 
 ● 
 ● 
 ○ 
 ● 
 ● 
 ● 
 ● 
B3_08.jpg
このように全部下にある状態を9とします。

これで1本の紐で0~9まで表現できます。
(画像の物は紐が2本なので0~99まで表現できます)

B3_06.jpg

左側の紐を10の位、もう一方を1の位とすると、
左のカウンターは 「10の位が3個」 と 「1の位が0個」 降りているので 「30」、
右のものは 「10の位が6個」 と 「1の位が1個」 降りているので 「61」 を読み取ります。
(上にも書きましたが一番下の白(金)のビーズはカウンターではないので数えません)

  • 最終更新:2016-10-14 00:03:00

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード