オイカワ用ロッド自作プロジェクト試作5号機

試作1号機 #2 8'0" 5pc(3pc) 53g
試作2号機        
試作3号機 #1-2 7'5" 4pc 84g
試作4号機 #1 6'10" 2pc 102g
試作5号機 #0 8'1" 4pc(2pc) 43g
試作6号機 #0-1 7'0" 4pc 38g
試作7号機 #1-2 7'5" 6pc 48g
試作8号機 #2-3 6'6"→5'6" 5pc 58g

試作5号機 #0 8'1" 4pc(2pc) 43g

「Double Tail Ⅴ O***** River Edition」(完成)

コンセプト
5号機のコンセプト。
忙しい人向けに、チャチャッと作れるやり方でやってみます。
ある程度のコスト増は覚悟の上で、なるべく加工しないことを重視します。ついでに軽量化も。あと長めで。

3号機を作っていた時に「並継のヘラ竿を使えば継ぎ部分はそのまま流用できるじゃないか」と思い、即タックルベリーで適当なヘラ竿を購入。
同じ頃、立ち寄ったキャスティングでカーボンの極細ティップのみが売っているのを見て、あまり使用イメージが沸かないのになんとなく購入。
この2つの材料を使って作ってみよう、と。
つまり材料の調達が先で、後からコンセプトを考えました。
ヘラ竿の並継を流用して楽をしようとしたノリを全体にも適用して、なるべく加工しないことを重視してみます。(コストは増えてしまいますが)

軽量化に関しては前作までは意識していなかったのですが、その結果4号機のようなモンスター(7フィート以下なのに100g越え)を作り上げてしまったので、今回からは意識しようと思います。

材料(ブランク)調達
コンセプトに書いた通り、
A6_81.jpg
並継のヘラ竿(タックルベリーで確か2100円)と

A6_82.jpg
カーボンの極細ティップです。(キャスティングで850円)
カーボンだからでしょうか?軽くて細い割にどちらも硬いです。
ティップの先端の径は0.5mmしかないので大丈夫か心配です。

加工作業開始
ブランクで加工と呼べそうな箇所はあまりなく、ヘラ竿の先端にカーボンティップを繋げるように逆並継を作ったことくらいです。
塗装もこのまま使います。ヘラ竿にありがちな和風というか竹っぽい塗装です。

A6_88.jpg
ヤフオクで送料込み2個1200円で買った既製品のコルクグリップです。

A6_83.jpg
形がイマイチだったのでシガーっぽく削り、ワインディングチェックを付けました。

A6_84.jpg
ワインディングチェックは既製品ではなくハトメ(東急ハンズで20組入り280円)です。
これを1枚(0.5組)使います。

次にリールシートですが、見た目の良い既製品のリールシートはそれなりに高いので作ることにしました。
木管(長さ200mm、外径15mm、内径9mm、島忠HOMESで198円)を適当な長さにカットして、
A6_85.jpg
リールフットを乗せる部分を削って作ります。
4号機の時にこの作業が大変だったので、木工専用の金属製のヤスリ(1500円程度)を買ったところ、各段に早く、かつ楽に削れるようになりました。

A6_86.jpg
オイルステイン(色はオールナット)で着色してクリアースプレーをニス代わりに吹いてみました。
乾いたら着色していない部分を切って長さを調整します。

A6_87.jpg
リールを取り付ける金具ですが、今回はアルミパイプ(長さ300mm、外径18mm、内径16mm、東急ハンズで199円)を切って使うことにしました。
今まで「金属加工」というだけで無理だと思って避けていたのですが、パイプカッター(980円)を買ったら意外なほど楽にできました。

4号機はこの金具をキーリングでやってしまったのが重くなってしまった一因だと思っているのですが、さすがにアルミ製の今回は軽いです。
定性的に表現するなら、頭にキーリングを思いっきり投げつけられたら怪我をしますが、アルミリングだときっと怪我をしないと思います。(←ドイヒーな表現)
なぜ定量的にグラムで比較しないかというと、4号機のキーリングだけを計る術が今となってはないからです。

ガイドは既製品を使用します。
こちらのショップで トップガイド120円、スネークガイド60円×7、SICストリッピングガイド350円×1を購入。
フックキーパーだけは特殊な形のものが欲しかったのでゼムクリップから自作しました。

これで全てのパーツが用意できたので、あとは組み立てて行くだけです。
4号機までと特に違いはないので工程は割愛します。

とりあえず完成
A6_94.jpg
とりあえず完成です。
またしても長さがバラバラですが、実際には2ピースで運用するつもりなので、

A6_95.jpg
2ピースにした時にピッタリになるように作りました。

重量は43グラムです。
8フィートの割にかなり軽くできたと思います。

A6_96.jpg
細部です。
ブランクの茶色い部分が綺麗だったので塗装はそのまま残しました。

A6_97.jpg
それに合わせてマスキングテープのラッピングは茶色、飾りは黒でやってみました。

A6_98.jpg
やはりティップが滅茶苦茶に細いです。(0.5mm)
比較用につまようじを置いてみました。
上述の通り、フックキーパーはこんな形にしてみました。
ここにフックを掛ける通常の使い方の他、ティペットをここに引っ掛けて折り返し、ガイドにフックを引っ掛ける使い方を想定しています。

恒例の、トップガイドに錘を着けての曲がり具合の確認。
今回は5円玉1枚+リング+クリップで7グラムです。
A6_99.jpgA6_100.jpg
左が試作5号機、右が試作4号機です。
どれもグリップ部分のロッド角度は45度です。
過去最高に柔らかかった4号機を大きく上回る柔らかさです。

正直、簡単にティップが折れそうで使うのが怖いです。
ティペットは相当細くしないと危ないかもしれません。

A6_117.PNG
後で貼る予定のラベルです。
今回から名称を変えてロゴマークも作ってみました。
「Tail」にフライラインと魚の尾鰭をデザインしてみたのですが、尾鰭がハートみたいで可愛くなってしまいました。

コスト
今回も予め持っていた物も含め純粋にコストを出してみます。
工具は考慮しないことにして、消耗品は使用した分だけ計算します。
ヘラ竿 2,100円
カーボン渓流小継穂先 850円
小計(ブランク) 2,950円
エポキシ接着剤 30円
絵の具用の筆4本セットの内1本 25円
マスキングテープ 5円
コルクグリップ 600円
ハトメ 7円
木管 100円
リールシートの塗料 10円
アルミパイプ 15円
ジャンクのブランク(逆並継のフェルール) 5円
ガイド(購入分) 890円
ガイド(自作分) 5円
小計(ブランク以外) 1,692円
合計 4,642円
加工を少なくする為にある程度コストを犠牲にしましたが、リールシートを自作したので意外と安く済みました。

実釣テスト
実釣テストの前に、FFF公認キャスティングインストラクターの方に触ってもらう機会がありました。
「柔らかさは#0程度ですが、バットがしっかりしているので#2ラインでも扱えそうです。
 でも#2ラインだとティップの曲がりが生きなくて面白くないでしょうから、やはり#0ラインが合うでしょう。」
とのコメントを頂きました。

2013.01.19
#2ラインでのテストとなってしまい、やはりタックルバランスが悪いと感じました。
細過ぎて心配していたティップは思っていたほど危うい感じはないです。
バックキャストがO川のフェンス引っ掛かり難いように長めの8'1" にしましたが、釣りそのものとしては若干扱い難かったです。

tyoukou130119_07.JPGtyoukou130119_08.JPG
約9cmのオイカワでこの曲がり方です。
もっと良い型のを早く釣ってみたいところ。

2013.02.09
漸く#0ラインでのテストができました。
#2と比べてバランスがとても良いです。

総括
#0ラインで気持ち良く振れました。
ティップが極端に柔らかいので、扱いが若干難しいです(私はファストアクションが好きなので尚更そう感じました)が、
ストレスを感じるほどではないので敢えて難しさを楽しめます。
今後、長いロッド有利の場面では使っていこうと思います。

A6_122.jpg

試作1号機 #2 8'0" 5pc(3pc) 53g
試作2号機        
試作3号機 #1-2 7'5" 4pc 84g
試作4号機 #1 6'10" 2pc 102g
試作5号機 #0 8'1" 4pc(2pc) 43g
試作6号機 #0-1 7'0" 4pc 38g
試作7号機 #1-2 7'5" 6pc 48g
試作8号機 #2-3 6'6"→5'6" 5pc 58g

  • 最終更新:2016-10-27 00:01:11

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード