オイカワ用ロッド自作プロジェクト試作1号機

試作1号機 #2 8'0" 5pc(3pc) 53g
試作2号機        
試作3号機 #1-2 7'5" 4pc 84g
試作4号機 #1 6'10" 2pc 102g
試作5号機 #0 8'1" 4pc(2pc) 43g
試作6号機 #0-1 7'0" 4pc 38g
試作7号機 #1-2 7'5" 6pc 48g
試作8号機 #2-3 6'6"→5'6" 5pc 58g

試作1号機 #2 8'0" 5pc(3pc) 53g

「DOUBLEMOR(ダブルモア) for Zacco platypus」(完成)

作業に着手もしてないのにロッドの名前を決めちゃいました!
しかもなんかカッコつけた名前です!
Zacco platypus とはオイカワのことです。(←ついさっき知った)

コンセプト
1号機のコンセプト。
A6_01.jpg
既製品のマルチピースのロッド(理想は#3の2pc?)を中古で買って来て

A6_02.jpg
バット側(グリップ側)はそのまま使って
ティップ側のみ改造して柔らかいのを作るよ!っていう
もう発想が既にドイヒーで大変申し訳ありません。
まさに目先(穂先)のことしか考えていません。

材料調達
というわけでタックルベリーで買ってきました、
A6_03.jpg
メーカー記載なしの謎多き#4ロッド。1180円。
5pcのパックロッドです。
元々ドイヒーなコンセプトのせいでファーストアクションになりがちなのに5pcでは拍車が掛かります。
でも1号機なので気にしません。
むしろこのロッドには5pcだからこそ実現できた(してしまった)恐ろしい機能があります。
それはまた後ほど。

そしてブランク代わりに使用する、
A6_04.jpg
なんかよくわからない極太竿。580円。
鯉を釣るやつなんすかね。
A6_05.jpg
さっぱりわかりませんが先っちょが良い感じの柔らかさだったので買ってみました。

加工作業開始
A6_07.jpg
フライロッドの1番先(ティップ側)の逆並継の接続部分の少し先(矢印の辺り)で切断します。
接続部分を作る手間を省く為です。
隠れてしまう部分なので適当に切って大丈夫です。

A6_08.jpg
逆並継の接続部分に鯉竿のティップを被せます。

A6_09.jpg
この時点では瞬間接着剤やマスキングテープで仮止めしておき、あとでエポキシ接着剤(100円ショップで購入)で上から完全に固定します。

A6_10.jpg
ゼムクリップを曲げてガイドを作ります。
多少歪んでしまっても気にしませんがラジオペンチは必須です。
スネークガイドは螺旋状の向きを揃えます。
作った後で思ったのですが、ボールペンなど適当な棒に巻きつけて作ればもっと楽に且つ綺麗にできたかもしれないです。
試したところ全然ダメでした。返ってポンコツになります。

<ドイヒー式ゼムクリップガイドの曲げ方>
トップガイド編
A6_55.png
①矢印の箇所で切断
②矢印の箇所で同一方向に90°曲げる
③矢印の箇所を円になるように曲げる
④整えて完成

スネークガイド編
A6_56.png
①矢印の箇所で切断
②矢印の箇所で互い違いの方向に90°曲げる
③矢印の箇所を円になるように曲げる
④フット部分を矢印方向に引っ張るようにして輪の部分をねじる
⑤整えて完成
<ドイヒー式ゼムクリップガイドの曲げ方・終>

A6_06.jpg
鯉竿先端のリリアン部分を切断して、

A6_11.jpg
トップガイドを瞬間接着剤やマスキングテープで仮止めします。

A6_12.jpg
このようにトップガイドにマスキングテープを貼っておくと傾きがわかり易いです。

この時点でバット側と接続して柔らかさと全体長を確認しつつ、スネークガイドを取り付ける位置を決めます。

A6_13.jpg
スネークガイドをマスキングテープで仮止めして行きます。

A6_14.jpgA6_15.jpg
位置が決まったらマスキングテープの上からエポキシ接着剤を塗って固定します。
本来はマスキングテープではなく専用の糸で巻きますが、横着しています。
テープからはみ出してガイドの足やブランクにたっぷり塗って固定するので、機能的にはマスキングテープでも問題ないはずです。
今回は最終的に塗装するつもりなのでマスキングテープは白いままですが、塗装をしない場合はマスキングテープにエポキシを塗る前にサインペンなどで色を塗っておきます。

エポキシ接着剤が完全に乾燥したら完成です。

エポキシ接着剤の使用経験がなかったことや、試行錯誤しながら製作したせいで思いのほか時間が掛かりましたが、
慣れてしまえば作業時間は3時間程度かもしれません。(乾燥などの放置時間を除く)

とりあえず完成
A6_16.jpg
一番上の長いのが今回作ったティップ側のピースです。
元よりも30cmほど長くなりました。
他の4pcと比べて大分長くなってしまったので、持ち運びの際には
1pc、 2+3pc、 4+5pc の3pcとして取り扱わないと折ってしまいそうです。

A6_18.jpg
ブランクが細い(先端で1.5mm程度)のでエポキシ接着を行った箇所の太さが目立ちます。

A6_17.jpg
今回は全体の塗装をしました。
写真では色がわかりにくいですが、オイカワの婚姻色にちなんで深緑と茶色のツートンカラーにしています。
(オイカワの婚姻色画像はこちら

トップガイドに5円硬貨8枚をブラ下げて曲がり具合を確認。
比較対象は私が所有しているロッドの中で最も低番手のAXISCO AIRRITE #3。
A6_21.jpgA6_20.jpg
左が試作1号機、右がAIRRITE #3です。
左の写真の方がロッドとカメラが遠くなってしまったのでロッドを倒しているように見えますが、
実際にはどちらもグリップ部分のロッド角度は45度です。
少なくとも#3よりは大分柔らかそうです。

A6_19.jpg
なんとなくノリで作ってしまったラベル部分です。
ラインナンバーが#1と書いてありますが、後から書き直す前提の暫定処置ですので超適当です。

コスト
#4ロッド(メーカー不明) 1180円
鯉用の竿?(メーカー不明) 580円
ここから下は既に持っていれば買う必要なし  
瞬間接着剤 105円
エポキシ接着剤 105円
マスキングテープ 105円
ゼムクリップ 105円
塗料 1000円程度
はさみ 105円
ラジオペンチ×2 210円
私が今回購入したのはロッド2本とエポキシ接着剤のみなので、総コストは1865円+α(予め持っていた消耗品代)です。

割とどうでもいい付加価値
上で少し触れましたが、このパックロッドには凄い機能があります。
(ティップ側)1→2→3→4→5(グリップ側)
と5pc全部を合体させる以外に
(ティップ側)1→2→3→5(グリップ側)
と4pcだけでも繋げてしまいます。
恐らくは単なる設計ミスで、設計者の意図したものではないと思います。
ですので現状では5pcで8'0"、4pcにすると6'7"と2種類の長さがこれ一本で!しかも今なら送料無料で金利は当社が
・・・ていうかこのロッド大丈夫なんでしょうか。折れそうで心配です。

実釣テスト
深緑と茶色のツートンカラーの 変なロッドを振り回して悪戦苦闘しているオッサンを見掛けても生暖かい目で見守ってくださいね。

2012.12.08
ラインはDT2Fを違和感なく扱えました。
超先調子なのは予想通りですが、期待していたほど柔らかくはなかったです。
#2程度でしょうか?
A6_24.JPGA6_25.JPG
7cmのカワムツを寄せる時の曲がり方。
やはりまだ堅い模様。
(画像のフライラインが弛んでいるのは、リーダーとの結束の段差がトップガイドの中に入ってしまっているためです)

A6_23.JPG
これくらいのサイズのオイカワだととても良い感じでした。

2012.12.09
A6_26.JPG A6_27.JPG
12~13cmのムッチムチなカワムツを寄せる時の曲がり方。

総括
#0~#2のロッドを所有していらっしゃる何人かの方の意見も取り入れつつ、このロッドの番手は#2ということにします。
A6_51.jpg
というわけでラベルもこれで最終版です。

実際に作ってみてわかったのは、ガイドを取り付けた部分が曲がらなくなるので、ブランクの時点での柔らかさを維持できないということ。(考えてみれば当たり前ですが)
A6_40.jpg
次はもっともっと柔らかいブランクを探そうと思います。

試作1号機 #2 8'0" 5pc(3pc) 53g
試作2号機        
試作3号機 #1-2 7'5" 4pc 84g
試作4号機 #1 6'10" 2pc 102g
試作5号機 #0 8'1" 4pc(2pc) 43g
試作6号機 #0-1 7'0" 4pc 38g
試作7号機 #1-2 7'5" 6pc 48g
試作8号機 #2-3 6'6"→5'6" 5pc 58g

  • 最終更新:2016-10-26 23:02:14

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード